メニュー

鼻出血

鼻の入り口から1~2cm程度の部分の鼻中隔の粘膜に傷が入り出血する場合が最も多く、鼻血の90%はこの場所からと言われています。鼻翼(鼻の先端の部分)をしっかりつまめば10分程度で止血することが多く、特にお子様の場合は心配のない場合が殆どです。アレルギー性鼻炎があって鼻をかみすぎたり触りすぎたりで傷をつけて出血することが多いです。

大人で多量に出る場合は、細い動脈が切れていることが多く適切な治療が必要になります。高血圧等の基礎疾患があることが多いです。当院では出血部位がわかれば電気凝固にて止血処置を行うこともあります。

鼻出血のファイバースコープ画像

右の鼻中隔に血管(動脈)の切れた断端が映っています。

鼻腔深部からの出血の動画1

左鼻腔深部(入口部から5~6cm)の鼻中隔から、心臓の拍動に合わせて出血しているのがわかります。 大人の鼻出血にはこのように動脈性の出血が多く多量に出血することがありますので注意が必要です。 当院では明らかな出血点が認められ今後も再出血の危険性が高いと判断した場合は、一旦血管収縮剤を含んだガーゼや綿球で出血を抑え、電気凝固(電気で焼灼)止血を行っております。

鼻腔深部からの出血の動画2

鼻腔深部からの出血の様子です。細い血管ですが動脈性のため吹き出すように出血しているのがわかります。

電気凝固止血処置

動画2のように出血の勢いが強い場合は一旦血管収縮剤を浸したガーゼや綿球で止血し、電気凝固止血を行います。深部からの出血の場合にはこの動画のように硬性内視鏡を用いて止血処置を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME